10/19シンポジウム『和僑と華僑が切り開く、日中の未来』

戦後日本と新中国が本格的に交流を復活させてから半世紀が過ぎようとしている。
その間、日本と中国は文化やビジネス面で多くの関係を構築し、両国の人材交流は世界のどの2国間よりも深く緊密になった。
日中両国を往来し、ビジネスや交流に携わる人々は現在でも増え続けている。

中国には、全世界にネットワークを広げてビジネスを行い、当地の文化と溶け込んできた「華僑」という巨大な存在がある。
しかし我々日本にも中国の地に渡って孤軍奮闘でビジネスを行っている人々がいる。
我々は自らを「和僑」と呼び、日中に関わる事業に深く関わりながら、両国の発展に貢献をしてきたという自負がある。

「華僑」と「和僑」は今、日中の未来に向かって手を携えていく時期に来た。
我々がこれまで得たものを後に続く人たちにきちんと伝えていくことも必要だろう。
本シンポジウムでは、日中国交正常化45周年という節目の年に「華僑」と「和僑」が自らの異国での経験を語り合い、日中のビジネスや文化交流に関わっている人々や日中関係の未来を担う若者たちに、様々な角度からメッセージを発信していきたい。

チャイナフェスティバル2017『和僑と華僑が切り開く、日中の未来』

■主催:和僑会シンポジウム実行委員会
■後援:中華人民共和国駐日本国大使館、チャイナフェスティバル2017実行委員会
■協力:東京華僑總会、日本華僑華人聯合總会、全日本華僑華人聯合会、在日中国企業協会

■日時:2017年10月19日(木) 16:00~19:30
■場所:シンポジウム:慶應義塾大学 三田キャンパス 北館ホール
■参加費:無料

■参加者:在日華僑企業経営者、和僑企業経営者、日本企業経営者、日本人、
中国人の社会人&大学生、中国人留学生他 150名予定

■プログラム
16:00 開会
(司会:沙耶/SAYA)
ご来賓挨拶 中華人民共和国駐日本国大使館
ご来賓挨拶 青柳陽一郎 氏(衆議院議員・チャイナフェスティバル2017事務総長)
開催校ご挨拶 岩間一弘 氏

16:20 基調講演Ⅰ
宮内雄史 氏(前東京大学北京代表所長)
「日中の未来と華僑・和僑の役割」

16:40 基調講演Ⅱ
陳慶民 氏(東京華僑總会副会長)
「華僑の歴史と日本の未来を担う若者へのメッセージ」

17:00 パネルディスカッション
「華僑に学ぶ -ビジネス、人材育成、文化融合-」
ファシリテーター:松野豊 氏(清華大学・野村総研中国研究センター)
パネリスト:
陳慶民 氏(東京華僑總会副会長)
庄旭 氏(全日本華僑華人聯合会)
宮内雄史 氏(前東京大学北京代表所長)
小松拓也 氏(俳優)
藤岡久士 氏(上海和僑会会長)

17:50 ご挨拶
筒井修 氏(和僑会ファウンダー)
林斯福 氏(東京華僑総会会長)

18:00 閉会

お申込み

http://urx.blue/Fg3A

こちらのフォームより必要事項をご記入のうえ、お申込みください。